RSS | ATOM | SEARCH
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−6

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−6

  2.室温の上昇を抑える遮熱設計−3

 

遮熱手法について

 

  では、具体的にはどうやって熱を遮断すればよいのでしょうか。

 

  そもそも日光は家に入り、床や壁に当たることで熱に変わります。

  つまり、家の外で熱に変えてやればよいと言うことです。

  すだれや外付けブラインドをつけると効果的に遮熱ができます。

  あと、内障子や内付けブラインド、カーテンも用います。

 

  それと新築の場合、窓ガラスの種類を選ぶことも重要です。

  最近は単板ガラスを使うことはなくなりましたが、

  複層ガラスに種類があるのをご存知でしょうか。

  一般複層ガラス、Low-eクリアガラス、Low-eグリーンガラス

  があります。

 

  Low-eクリアガラスは、冬の暖かい日差しを取り込みながらも

  断熱効果のあるガラスです。

  庇などの日射対策をした上で、南側の窓に使用すると、

  夏は日射を遮り、冬は暖かい日差しを取り込むことが出来ます。

 

  Low-eグリーンガラスは、優れた断熱効果を発揮しつつ、

  夏の強い日差しをカットするので、西側や東側に使用します。

 

 

次回は、

快適な環境を実現する断熱設計について説明します。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

  

  

 

  

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 10:04
-, -, pookmark
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−5

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−5

  2.室温の上昇を抑える遮熱設計−2

 

各方位による日射遮蔽対策

 

  南面の対策

    太陽高度が夏至と冬至で大きく違うことはご存知の通りです。

    具体的にどれくらい違うかと言えば、

    真南方向の時、夏至で78度、冬至で30度、春秋分で54度

    を目安に考えます。(地域によって角度は変わります)

    つまり、夏場の昼は急角度で日が差しますので、

    窓の上に、庇などの日射を遮るものを使用しますが、

    長すぎると冬場の光が入らなくなるので、

    隣家との状況等を考慮して決めていきます。

  

  東面・西面の対策

    前回でも説明したように、

    夏場は、南面より東・西面の壁の方が多くの日射を受けます。

    特に、西面は気温が上がる午後2時以降に日が当たるので、

    しっかりとした対策が必要になります。

    東・西面の日は、太陽高度が下がり、横から日が当たるので、

    庇では役にたちません。

    すだれやブラインドなどの対策が有効となります。

  

  北面の対策

    真北面でも、春分から秋分の間は、直射日光があたります。

    冬の間は、日が当たりませんので、断熱性能を合わせて考えます。

 

 

次回は、

遮熱手法について説明します。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

 

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 10:27
-, -, pookmark
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−4

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−4

  2.室温の上昇を抑える遮熱設計−1

 

今回は、4つのテーマの2つ目「遮熱」について説明します。

 

ゝ╂疔茲瞭射量の違いを理解する

 

  皆さんご存知の通り、夏と冬とで太陽の高度は変わります。

  これは良く知られているのですが、

  東面、南面、西面の壁面の日射量については、

  あまり知られていません。

 

  じつは

 

  夏は南面より、東西面の方が多くの日射量あり、

  冬の南面は、東西面より多く受け、夏の東西面と同じ位あるのです。

 

グラフ001.PNG    

               (LIXIL情報誌より抜粋) 

 

  このことを理解し、

  実際の設計にきちんと反映している設計士って

  意外と少ないのが現実のようです。

 

 

次回は、

日射遮蔽対策

について説明します。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

  

  

  

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 11:17
-, -, pookmark
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−3

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−3

  1.自然の風を生かした通風設計−2

 

今回は、前回の続きとなります。

 

2硬拑拘控(重力換気)

 

  温度差換気とは温度の違いによっ自然に換気することです。

  建物内で暖まった空気は上へ上昇し、

  冷たい空気は下へ下降します。

  この原理を利用し、

  建物の低いところと高いところに窓を取ります。

  そうすることによって、

  低い窓から空気が入り、高い窓から空気が出て行きます。

  これを温度差換気又は重力換気と言います。

  その高低差が大きいほど換気量は増えます。

 

ぅΕぅ鵐疋ャッチ

 

  建物の横を水平方向に流れる風をつかまえて換気する方法です。

  同一面の壁に縦滑り出し窓(写真参照)を2ヶ所設置し、

     lineup_img_09.jpg

  吊元を内側に設置することで、

  風上側の窓から風を取り入れ、

  風下側の窓から排出出来ます。

  吊元を逆にすると、換気量は約4分の1に減ってしましますので、

  注意が必要です。

 

  この方法だと隣家との間が少ない家でも、

  有効に風を取り入れることが出来ます。

  ただ、都市部では、境界を越えないように注意しましょう。

 

 

次回は、

4つのテーマの2つ目「遮熱」

についてを説明します。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

  

  

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 10:16
-, -, pookmark
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−2

JUGEMテーマ:注文住宅

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−2

  1.自然の風を生かした通風設計−1

 

では、「パッシブデザイン」の具体的な設計方法について説明しましょう。

「パッシブデザイン」の家を設計する上で、重要になるテーマは、

「通風」「遮熱」「断熱」「設備」の4つがあります。

 

今回は、「設計」から説明します。

 

まず始めに、家を建てる場所では、どのように風が吹くのかを知ることが基本です。

地域のデータは(一財)建築環境・省エネルギー機構でも確認出来ますが、

地域全体の風のながれ建てるその土地にどんな風が吹くかを調べます。

 

隣家が近接していたり、隣がビルだったりするだけで、風の流れは全く違ってきます。

その土地の現地調査の時に、隣家の状況と近隣の建物形状等も調査します。

  ここ大事です!!

すごく大事なことなんですが、この調査をしない人が多いのです。

なぜ大事なのかは、後々わかっていただけることになります。

 

これを基本とし、具体的な設計にいかしていきます。

 

”の入口と出口を作る

 

  風通しをよくするためには、入口と出口が必要です。

  例えば、窓が1ヶ所しかないと、その窓付近では空気が入れ替わりますが、

  部屋全体の通風は期待出来ません。

  入口と出口があるとその間で、スムーズに空気は流れます。

  また、通風量は、小さい方の窓の大きさで決まります。

  なぜなら、風の出口が小さければ、入口が大きくても、

  小さい窓の分しか風は通れないからです。

 

風力換気

 

  風の力で換気する。

  風があると言うことは、空気が動いているってことですよね。

  建物に風が当たるところに窓を付ければ、

  風は空気を建物に押し込もうとします。

  建物の反対側には、建物を引っ張っていこうとする力が発生します。

  その力を利用して、窓を付けるようにします。

  その土地の風の流れを把握していると有効な配置が可能になります。

 

 

次回は、

2硬拑拘控

ぅΕぅ鵐疋ャッチ

について説明します。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 10:17
-, -, pookmark
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−1

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−1

 

最近「パッシブデザイン」の家って言葉をよく耳にしますが、

「パッシブデザイン」ってどんな意味なんでしょう。

 

家の設計手法の一つで、

機械設備に頼らず、自然の風や温度差、太陽熱などを利用し、

快適な室内空間を作る、設計の方法のことを言います。

 

「パッシブ」とは「受け身」という意味なので、

建物が受ける太陽光や風などの自然エネルギーを利用します。

 

太陽光発電や風力発電を積極的に利用するのは、

「パッシブ」ではなく「アクティブ」であり、

「パッシブデザイン」とは逆の考え方による省エネといえます。

 

わかりやすく表現するなら、

自然の恩恵を受けて、

「冬暖かく、夏涼しい家」とか

「風通しの良いいえ」

「自然の光で明るい家」

といったところでしょうか。

 

では、どうしたらそんな家が出来るのでしょうか。

 

それにはいくつかの手法を取り入れ、

総合的に考えることになります。

 

次回から、その手法について説明していきます。

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

 

 

 

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 13:29
-, -, pookmark
大阪府北部地震から2週間

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

大阪府北部地震から2週間

 

6月18日の地震から2週間がたちました。

被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

 

弊社で工事させていただきましたお客様には、被害はありませんでしたが、

余震の可能性もございますので十分ご留意ください。

 

お気づきの点がございましたら。ご遠慮なくお申し付けくださいませ。

 

株式会社サンキ建設 075−581−4141

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:日々のつれづれ, 11:43
-, -, pookmark
阪神・淡路大震災から23年

JUGEMテーマ:注文住宅

 

阪神・淡路大震災から23年

 

1995年1月17日から23年という年月が流れました。

新聞やテレビでも報道されますので、この時期になると思い出される方も多いと思います。

 

私は、京都市内西部に住んでおり、大きな揺れで飛び起きたのを覚えています。

それからテレビで神戸の惨状を知り、愕然としました。

建物がどのような壊れ方をしたのか現地へ調査に行き、

今の弊社の設計に反映させる大きなきっかけになりました。

 

建物が凶器に・・・

こんなことはあってはならない。

 

本来建物は、命と財産を守るものでないといけません。

その後、建築基準法も改正されましたが、

改正後の基準で阪神・淡路大震災の規模になんとか耐えられる強度です。

 

2016年4月14日の熊本地震の際には、

現地で直接確認すると、新しい基準で建てられた家の中でも、大きな被害が出たものもありました。

この2つの地震は、地震の揺れによる被害でした。

 

一方、2011年3月11日の東日本大震災は、

内陸部から沿岸部まで見て廻りましたが、

内陸部では大きな被害は見受けられず、

揺れよりも津波による被害の大きさに驚きました。

 

災害に強い建物にするにはどうすべきか。

やはり一軒一軒の敷地や間取りに対応して、

きめ細かく対策を考える必要があります。

私はそういった建物にこだわり続けたいと思っています。

 

 

 

 

100年たっても住みたい家
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

 

 

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:トピックス, 05:46
-, -, pookmark
温暖な地域ほど 冬の死亡リスクが高まる!?−3

JUGEMテーマ:注文住宅

 

温暖な地域ほど 冬の死亡リスクが高まる!?−3

 

入浴事故と室温の関係

 

今回の調査では、入浴事故と室温の関係についても調査しています。

居間または脱衣所の平均室温が18℃未満の場合、

42℃以上の熱めの入浴や、15分以上の長めの入浴をする

確率が1.8倍になるそうです。

実は、42℃以上や15分以上の入浴が、

入浴事故の確率を上げると言われています。

 

家庭の浴槽での溺死者数は10年間で約7割増え、

交通事故を上回っています。

その内約9割を65才以上の方占めておられます。

 

消費者庁では、安全な入浴方法の目安として、

「湯温41℃以下で10分未満で浴槽から上る」

ことを推奨しています。

 

何分かの間で20℃以上温度差の環境になると、

血圧は急激に上下し、血圧の循環が阻害される要因になります。

意識障害を起こし、最悪の場合、溺死や突然死になることもあります。

これがヒートショックのメカニズムと考えられています。

 

 

 

 

100年たっても住みたい家
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:温暖な地域ほど 冬の死亡リスクが高まる, 17:49
-, -, pookmark
温暖な地域ほど 冬の死亡リスクが高まる!?−2

温暖な地域ほど 冬の死亡リスクが高まる!?−2

 

起床時の室温が低いほど血圧が高くなる

そのデータによると、

室温が10℃低い朝には平均で7.3mmHg血圧が高くなったとのことです。

さらに、年齢別にみると、

50代までは、6mmHg以下ですが、60代では約9mmHg、

70代では、10mmHgを超え、80代では12mmHg以上上昇しています。

高齢者ほど室温低下の影響が大きいことがわかりました。

また、動脈硬化が進んでいる人の方が影響が大きいとのことです。

 

特に日本人は朝に血圧が上昇しやすいので、

寒い冬の朝に、循環器疾患の発症がが多いそうです。

 

次回は、入浴事故について記述します。

 

 

 

 

100年たっても住みたい家
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:温暖な地域ほど 冬の死亡リスクが高まる, 09:47
-, -, pookmark