RSS | ATOM | SEARCH
路地に面する再建築不可の町家リノベーション−4
 
路地に面する再建築不可の町家リノベーション−4


サイディングの無塗装版に吹付をするといよいよ完成に近づきます。

外部の木部は、防火サイディングの上に化粧として貼り付けたものです。
この木部の納め方で外部の表情も異なりますので、
町並みや地域にあわせて考えて行きます。

工事も完成し、お引き渡し直前の生まれ変わった京町家をご覧ください。

sDSC_3663.jpg

sDSC_3656.jpg

sDSC_3650.jpg

sDSC_3666.jpg






サンキ建設のホームページはこちら




サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら




author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:よみがえる京町家, 17:19
-, -, pookmark
路地に面する再建築不可の町家リノベーション−3
 
路地に面する再建築不可の町家リノベーション−3


構造の補強だけでなく、

防火性能や断熱性能のアップも町家リノベーションでは大きなポイントとなります。

sP2240005.jpg

梁の補強と床面の水平剛性を増すために、
火打ち金物を入れ、床に24mmの合板を使用しています。
外壁面には防水透湿シートを貼り、壁体内結露の対策も行います。


sP3060039.jpg

断熱材も入れ、断熱性能のアップを行います。
住宅エコポイント制度も利用し、補助金を受けています。


sP3060029.jpg

サッシも入替え、網入り防火仕様のペアガラスを採用し、
防火性能と断熱性能のアップをはかります。


sP3070068.jpg

外壁には防火サイディングの無塗装品を採用。
後から吹付を行い、町家の趣きを出していきます。
また、軒裏にも不燃材を貼り、防火性能を上げていきます。

これらの工事によって、
古い京町家も、耐震・防火・断熱性能を持った現代京町家へ生まれ変わって行きます。





サンキ建設のホームページはこちら



サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら












author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:よみがえる京町家, 10:59
-, -, pookmark
路地に面する再建築不可の町家リノベーション−2

路地に面する再建築不可の町家リノベーション−2

 
新築や改築の許可がおりない既存の建物を再生するには、
建築関連法令に抵触しないように考えながら計画をたてていきます。

お施主様のご希望を考慮に入れるのはもちろんですが、
法令上の違反にならないようにするにはどうすればいいのか。
もちろん、耐震や防火性能の向上も大きなポイントとなります。

この計画段階で方針をきちっとたてておかないと、
違反建築となり是正命令を受けたりすることになりかねません。
建設業者にも、十分な知識と経験が要求されます。


今回の建物は、
過去に他の場所で工事をさせていただいたことのあるお施主様のリピートで、
施主様との信頼関係が出来上がっていたので、スムーズに計画をたてることが出来ました。

築年数不詳の連棟の建物ということもあり、
想定通り、構造材も細く、かなり腐朽していました。



この年代の建物は基礎らしい基礎はなく、
石の上に柱が乗っているという建て方です。
よって、基礎の補強から着手します。




次に腐っている柱を補強したり、当該部分を差し替えたりしていきます。



当然、梁も細いので補強を行います。



こうして、古い部分を残しながら、補強します。
全て入れ替えた方が早いのですが、法律に触れないようにするためです。



写真ではわかりにくいのですが、
耐震補強も同時に行っています。

手間はかかるのですが、一つ一つ丁寧に、
構造躯体を補強して行きます。







サンキ建設のホームページはこちら




サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら







author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:よみがえる京町家, 17:28
-, -, pookmark
路地に面する再建築不可の町家リノベーション−1

路地に面する再建築不可の町家リノベーション−1

路地。

京都の人には聞き慣れたことば。
旧市内には多く残っている 路地 。
普段の生活では当たり前のように通りすがったり、
風情がある京都らしい風景と見入ったりしますが、

一旦、この路地に面する建物を建て替えようと思うと、
建築確認がおりないという現実に愕然とされる方が結構おられます。

建築確認がおりないということは、
建て替え新築や、改築が出来ないことを意味します。

「建て替えが出来ないのは知っていたが、改築が出来ないとは思ってなかった・・・。」


建物を建てるときは、多くの法律によって制限を受けています。
主だったもので、建築基準法、都市計画法、消防法、建築士法、建設業法、
都道府県条例、市区町村条例、民法・・・
それぞれに、施工令、施行細則、告示。
建築士はこれらの法律を細部まで読み解き、設計をしていきます。

この再建築不可の路地に面する家もそういった建物でした。
では、このまま朽ち果てるしかないのか。

当社はこういったリノベーションを多く手がけ、
町家の再生をはかってきました。

今回ご紹介する町家は、
その路地に面した京都にはよくある町家。
築年数は不詳で連棟。空き家でおいてあった建物です。

sP1080456.jpg

sP1080425.jpg

sP1080375.jpg

sP1080389.jpg

空き家で長年放置されていたので、内部もかなり傷んでいます。

次回から工事中の写真を紹介しながら、説明をしていこうと思います。

完成写真はこれです。






サンキ建設のホームページはこちら


サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら






author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:よみがえる京町家, 19:00
-, -, pookmark