RSS | ATOM | SEARCH
建物のデザインを考える−1
JUGEMテーマ:注文住宅


建物のデザインを考える−1


 「デザイン」  住宅業界でも 非常によく使われる単語のひとつです。

住宅雑誌やホームページでは「デザイナーズハウス」とか「デザイン住宅」
という言葉があふれていますが、

建物をデザインするってどういうことなのでしょうか?

雑誌等で使われているのは、
「形態」や「意匠」がデザインされた家という意味が多いと思います。
そこから連想する家とは、
「かっこいい家」「美しい家」ではないでしょうか。
つまり「狭義」な意味のデザインと考えられます。

「広義」には「計画」や「設計」という意味もあります。
言われれば「あ、そうそう」となるのですが、
多くの業界人やお客様と話をしていると、
前述の狭義な意味として使っている人が多いようです。

最近、新国立競技場の問題で、建物のデザインが話題となっていますが、

建物の用途によって「デザイン」の考え方を変えてみてはどうかと思っています。


続きは次回で。



100年たっても住みたい家
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 
author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:建物のデザインを考える, 11:15
-, -, pookmark