RSS | ATOM | SEARCH
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−4

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−4

  2.室温の上昇を抑える遮熱設計−1

 

今回は、4つのテーマの2つ目「遮熱」について説明します。

 

ゝ╂疔茲瞭射量の違いを理解する

 

  皆さんご存知の通り、夏と冬とで太陽の高度は変わります。

  これは良く知られているのですが、

  東面、南面、西面の壁面の日射量については、

  あまり知られていません。

 

  じつは

 

  夏は南面より、東西面の方が多くの日射量あり、

  冬の南面は、東西面より多く受け、夏の東西面と同じ位あるのです。

 

グラフ001.PNG    

               (LIXIL情報誌より抜粋) 

 

  このことを理解し、

  実際の設計にきちんと反映している設計士って

  意外と少ないのが現実のようです。

 

 

次回は、

日射遮蔽対策

について説明します。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

  

  

  

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 11:17
-, -, pookmark
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−3

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−3

  1.自然の風を生かした通風設計−2

 

今回は、前回の続きとなります。

 

2硬拑拘控(重力換気)

 

  温度差換気とは温度の違いによっ自然に換気することです。

  建物内で暖まった空気は上へ上昇し、

  冷たい空気は下へ下降します。

  この原理を利用し、

  建物の低いところと高いところに窓を取ります。

  そうすることによって、

  低い窓から空気が入り、高い窓から空気が出て行きます。

  これを温度差換気又は重力換気と言います。

  その高低差が大きいほど換気量は増えます。

 

ぅΕぅ鵐疋ャッチ

 

  建物の横を水平方向に流れる風をつかまえて換気する方法です。

  同一面の壁に縦滑り出し窓(写真参照)を2ヶ所設置し、

     lineup_img_09.jpg

  吊元を内側に設置することで、

  風上側の窓から風を取り入れ、

  風下側の窓から排出出来ます。

  吊元を逆にすると、換気量は約4分の1に減ってしましますので、

  注意が必要です。

 

  この方法だと隣家との間が少ない家でも、

  有効に風を取り入れることが出来ます。

  ただ、都市部では、境界を越えないように注意しましょう。

 

 

次回は、

4つのテーマの2つ目「遮熱」

についてを説明します。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

  

  

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 10:16
-, -, pookmark
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−2

JUGEMテーマ:注文住宅

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−2

  1.自然の風を生かした通風設計−1

 

では、「パッシブデザイン」の具体的な設計方法について説明しましょう。

「パッシブデザイン」の家を設計する上で、重要になるテーマは、

「通風」「遮熱」「断熱」「設備」の4つがあります。

 

今回は、「設計」から説明します。

 

まず始めに、家を建てる場所では、どのように風が吹くのかを知ることが基本です。

地域のデータは(一財)建築環境・省エネルギー機構でも確認出来ますが、

地域全体の風のながれ建てるその土地にどんな風が吹くかを調べます。

 

隣家が近接していたり、隣がビルだったりするだけで、風の流れは全く違ってきます。

その土地の現地調査の時に、隣家の状況と近隣の建物形状等も調査します。

  ここ大事です!!

すごく大事なことなんですが、この調査をしない人が多いのです。

なぜ大事なのかは、後々わかっていただけることになります。

 

これを基本とし、具体的な設計にいかしていきます。

 

”の入口と出口を作る

 

  風通しをよくするためには、入口と出口が必要です。

  例えば、窓が1ヶ所しかないと、その窓付近では空気が入れ替わりますが、

  部屋全体の通風は期待出来ません。

  入口と出口があるとその間で、スムーズに空気は流れます。

  また、通風量は、小さい方の窓の大きさで決まります。

  なぜなら、風の出口が小さければ、入口が大きくても、

  小さい窓の分しか風は通れないからです。

 

風力換気

 

  風の力で換気する。

  風があると言うことは、空気が動いているってことですよね。

  建物に風が当たるところに窓を付ければ、

  風は空気を建物に押し込もうとします。

  建物の反対側には、建物を引っ張っていこうとする力が発生します。

  その力を利用して、窓を付けるようにします。

  その土地の風の流れを把握していると有効な配置が可能になります。

 

 

次回は、

2硬拑拘控

ぅΕぅ鵐疋ャッチ

について説明します。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 10:17
-, -, pookmark
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−1

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−1

 

最近「パッシブデザイン」の家って言葉をよく耳にしますが、

「パッシブデザイン」ってどんな意味なんでしょう。

 

家の設計手法の一つで、

機械設備に頼らず、自然の風や温度差、太陽熱などを利用し、

快適な室内空間を作る、設計の方法のことを言います。

 

「パッシブ」とは「受け身」という意味なので、

建物が受ける太陽光や風などの自然エネルギーを利用します。

 

太陽光発電や風力発電を積極的に利用するのは、

「パッシブ」ではなく「アクティブ」であり、

「パッシブデザイン」とは逆の考え方による省エネといえます。

 

わかりやすく表現するなら、

自然の恩恵を受けて、

「冬暖かく、夏涼しい家」とか

「風通しの良いいえ」

「自然の光で明るい家」

といったところでしょうか。

 

では、どうしたらそんな家が出来るのでしょうか。

 

それにはいくつかの手法を取り入れ、

総合的に考えることになります。

 

次回から、その手法について説明していきます。

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

 

 

 

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 13:29
-, -, pookmark