RSS | ATOM | SEARCH
阪神淡路大震災から19年
阪神淡路大震災から19年


あの日から19年。

今年は例年にも増して、報道が多いような気がします。

あの記憶を風化させずに日々の暮らしの中で、

教訓としていかしていくためにはいいことではないでしょうか。


この1年間で震度5以上の地震が12回もありました。

テレビ等の地震速報にもまたかと聞き流すのでは無く、

もしもの時の準備を忘れずにしておきたいものです。



建物は「人の命と財産を守るもの」

建築に携わる人間はこのことを肝に銘じておかなくてはいけないと

改めて思い直すことが大事だと思います。



 
author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:建築つれづれ, 20:30
-, -, pookmark