RSS | ATOM | SEARCH
家創りのイロハ−18


家創りのイロハ−18
ステップ2 「住宅会社の選び方」−12


長い間ブログの更新ができておらず申し訳なく思っています。
消費税の駆け込みもありましたが、
それ以降もたくさんのお問い合わせを頂き、
大変ありがたく思っています。

頑張ってブログを更新していくようにいたします。


今回は、施工力について説明します。

本来、施工力とは、
設計図をもとに、忠実に工事を進める能力(技術力)をいいます。

当たり前のことですが、なぜ改めて問い直すのか。

「家創りのイロハ」シリーズをご覧の方は、
おわかりいただいたと思いますが、
建設業者には色々なタイプの業者があります。

ビルやマンションを得意としている業者、
ハウスメーカーの建物の施工をしている業者、
建売業者や不動産屋の建物を請け負っている業者、
ローコスト住宅の施工をしている業者、
店舗工事を専門にしている業者、
設計事務所の設計した住宅の施工を得意としている業者・・・。

建物といっても
それぞれの建物の施工には特色があります。
つまり、押さえるべきポイントが違うということです。
材料や金物、各部の納め方、工期や職人も違います。


身近な例だと、浴室を考えて見ましょう。
店舗やビルには浴室はあまり見受けられませんが、
住宅にはユニットバスが多用されます。
設計事務所のこだわった住宅だと、ユニットバスは使わず、
タイルを仕上げ材に使うことがあります。
当然、材料や金物、各部の納め方、工期や職人も違います。

浴室だけでも大きく違うのですから、
建物全体でみたら非常に多くの箇所が違うのは
容易に想像できると思います。

ですので、自分がどんな建物を建てたいのか、
依頼しようとしている建設業者がその施工を
得意としているのかを調べる必要があります。


とはいっても、

一般の施主様は何を調べたらいいのか・・・

と途方にくれるのが現実ではないでしょうか。


そこで簡単に見分ける方法をお教えします。

まず、その会社のホームページをみます。
すると、その会社が何を売りたがっているかが見えてきます。
主力商品は何なのか、施工実績はどんな建物が多いのか。
どのような価格帯をねらっているか、
会社の規模や経歴、社長の考え方等々。

ホームページである程度業者を絞り込み、

次に実際にその業者に会ってみるという順序です。
実際に会ってみて、
ホームページでうたっていることを実際に社員が実践できているか、
を確かめてください。


施工力についてから話がずれたように思われるかもしれませんが、
その業者がどんな建物を多く建てているかと
その会社の建物への取り組み方はどうなのか、
それが自分と合っているかが
一番大事ということです。

多く建てているということは、
経験やノウハウが蓄積されているということです。
これは、会社だけでなく、
担当する社員もそうかが大切です。
会社全体がその信念をもって取り組んでくれるか
そこを見極めてください。

社員は簡単には育ちません。
これは建設業だけでなくどの業界でも同じではないでしょうか。



「家創りのイロハ」は今回をもって最終回と
させていただきます。

少しでも参考にしていただけたなら幸いです。

ご覧いただいた皆様の「家創り」が成功されることを祈念しています。





100年たっても住みたい家
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら







 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:家創りのイロハ, 09:44
-, -, pookmark