RSS | ATOM | SEARCH
熊本地震、被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。

この度の熊本地震、被災された方々へ心よりお見舞い申し上げます。
 

被災地では、まだまだその日のこと、目の前のことで精一杯という状況とお察しいたしますが、一日も早く普通の日常を取り戻されますようにお祈り申し上げます。

 

 

お亡くなりになられた方々の多くは、倒壊した家屋などの下敷きになられての圧死だそうです。いわゆる田舎で見られる日本の原風景のような景色は、そこに建っているお家も景色に馴染み、見る者をほっとさせてくれます。しかし、その家々を見ると、「地震が来たら危ないなぁ」と思わずにはいられません。

熊本県で被災された方のインタビューで、長年住んでいてこんな地震は初めてとおっしゃっていました。そうなんです、日本には2000以上の活断層があり、大地震はあらゆる場所で起こる可能性があるのです。そして、本来、そこに住まう人を守るべく家が命を奪うことになりかねないのです。この地震による他の活断層への影響については様々な見解が出ていますが、自分たちが住んでいるところでの被災を想定し、今一度、もしもの時への備えをしないといけませんね。

 

 

京都市では「平成28年度木造住宅耐震診断士派遣事業」への申し込みが始まっております。申し込み期間は平成28年4月11日から平成29年1月31日までで、平成28年度は耐震診断が無料です。ただし、対象となる住宅の条件は定められていますので、京都市情報館のウェブサイトでご覧になるか、京安心すまいセンター・耐震、エコ助成ホットライン075−744−1631へお問い合わせください。予算額に達した場合は、期間内でも受付は終了となります。
author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:建築つれづれ, 18:33
-, -, pookmark