RSS | ATOM | SEARCH
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−3

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−3

1.自然の風を生かした通風設計−2

 

今回は、前回の続きとなります。

 

温度差換気(重力換気)

温度差換気とは温度の違いによっ自然に換気することです。

建物内で暖まった空気は上へ上昇し、冷たい空気は下へ下降します。この原理を利用し、建物の低いところと高いところに窓を取ります。

そうすることによって、低い窓から空気が入り、高い窓から空気が出て行きます。

これを温度差換気又は重力換気と言います。その高低差が大きいほど換気量は増えます。

 

ウインドキャッチ

建物の横を水平方向に流れる風をつかまえて換気する方法です。

同一面の壁に縦滑り出し窓(写真参照)を2ヶ所設置し、

     lineup_img_09.jpg

吊元を内側に設置することで、風上側の窓から風を取り入れ、風下側の窓から排出出来ます。

吊元を逆にすると、換気量は約4分の1に減ってしましますので、注意が必要です。

 

この方法だと隣家との間が少ない家でも、有効に風を取り入れることが出来ます。

ただ、都市部では、境界を越えないように注意しましょう。

 

 

次回は、

4つのテーマの2つ目「遮熱」

についてを説明します。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

 

  

  

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 10:16
-, -, pookmark