RSS | ATOM | SEARCH
冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−6

JUGEMテーマ:注文住宅

 

 

冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?−6

  2.室温の上昇を抑える遮熱設計−3

 

遮熱手法について

 

  では、具体的にはどうやって熱を遮断すればよいのでしょうか。

 

  そもそも日光は家に入り、床や壁に当たることで熱に変わります。

  つまり、家の外で熱に変えてやればよいと言うことです。

  すだれや外付けブラインドをつけると効果的に遮熱ができます。

  あと、内障子や内付けブラインド、カーテンも用います。

 

  それと新築の場合、窓ガラスの種類を選ぶことも重要です。

  最近は単板ガラスを使うことはなくなりましたが、

  複層ガラスに種類があるのをご存知でしょうか。

  一般複層ガラス、Low-eクリアガラス、Low-eグリーンガラス

  があります。

 

  Low-eクリアガラスは、冬の暖かい日差しを取り込みながらも

  断熱効果のあるガラスです。

  庇などの日射対策をした上で、南側の窓に使用すると、

  夏は日射を遮り、冬は暖かい日差しを取り込むことが出来ます。

 

  Low-eグリーンガラスは、優れた断熱効果を発揮しつつ、

  夏の強い日差しをカットするので、西側や東側に使用します。

 

 

次回は、

快適な環境を実現する断熱設計について説明します。

 

 

 

 

京都で注文住宅を建てるなら
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら

 

  

  

 

  

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:冬暖かく夏涼しい「パッシブデザイン」の家って?, 10:04
-, -, pookmark