RSS | ATOM | SEARCH
家創りのイロハ−8

 

 

 
家創りのイロハ−8

ステップ−2 「住宅会社の選び方」−2


では、もう少し具体的に見て行きましょう。

ハウスメーカーは、
全国を商圏として考えています。
地方の拠点に大型工場を造り、会社の特長を持たせた商品を大量生産し、
多くの営業マンを採用し、大量に販売します。

ハウスメーカーで建てる最大のメリットは、
なんと言っても「ブランド力」と
変なものを建てられることはないだろうという「安心感」ではないでしょうか。

特に商品化率の高い会社は設計の自由度は低いですが、
自社の商品に実験をし、性能を確保しています。
ハウスメーカーでも、商品化率を上げず、自由度の高いメーカーもあります。
ただどのメーカーでも、会社の規模が大きいので、
大量の家を販売しなくてはいけないのは同じです。

そこで、大量販売をするために、
多くの非現実的な住宅展示場を出展し、大量の高額な広告を行い、
多くの社員を雇用しなければいけません。
この莫大な経費は当然1棟1棟の建物から回収されています。
ですからハウスメーカーの家はおのずと高くなります。

また、多くの営業マンを採用し、大量に販売するために、
ルールを決め、出来る出来ないを決めて、マニュアル化しなければいけません。
つまり、車と同じように「商品化」するわけです。
こうすることによって「大きな失敗・欠陥」を防ぐことが出来ます。
それでも営業マンのレベルによって大きく差がでます。

ハウスメーカーに頼むなら、知識・経験の豊富で相性の合う営業マン
を探してください。
けっして、頑張って通ってくれるから、とか
今月中ならキャンペーンですから、という理由で決めないでください。
数千万の買い物ですよ。失敗してもやり直せません。

どの業界でも同じですが、社員のレベル差って結構ありますよね。
そう簡単に人は育ちません。

とはいえ、「ブランド力」や「安心感」には代え難いと思われたら、
「ハウスメーカーという選択肢もあり」 だと思います。



次回は、準大手、パワービルダーについて説明します。




100年たっても住みたい家
サンキ建設のホームページはこちら



生活を楽しめる家創りにこだわる
サンキ建設のブログ「こだわり注文住宅」はこちら




 

 

 

author:株式会社サンキ建設 代表取締役 布垣友義, category:家創りのイロハ, 10:55
-, -, pookmark